アーカイブ | RSS |
メッセージ
メッセージ : 4月15日 メッセージ要約
投稿者 : Otsuka 投稿日時: 2018-04-24 11:58:57 (18 ヒット)
メッセージ

「復活の主イエス、再び」(ヨハネ福音書20:24〜29)
復活されたイエスが弟子達の所に現れた時、一緒にいなかったトマスはイエスに会うことができませんでした。他の10人の弟子達が感動と興奮を胸にトマスに証しするも、トマスの心には響かず、一緒に喜ぶことはできませんでした。共に主に従ってきた仲間たちの中で自分ひとり除け者にされたような、忘れられたような不遇感から、疑い深く、自分の目で見て実際に手と脇腹の傷を確かめてみなければ信じない、と心を閉ざしました。放蕩息子が家に帰って来た時、兄は家族と共に喜ぶことを拒絶し、不平を言いました。(ルカ15:28〜)自分ひとり大切にされていない、愛されていないと疎外感、不満を感じ、怒りで心を閉ざしてしまいます。このような兄に対して、尊敬され威厳のある父親は「出て」「なぐさめて」います。この父親のように、神様は心を閉ざしている者に対し神の方から近づき、話しかけられるのです。イエスは再び弟子達の所へ姿を現され、トマスにも同様に「安かれ」と言葉をかけられました。それだけでなく、反抗的・挑戦的ともとれるトマスの言葉の背景をしっかり受けとめて「私の手に、脇に指を入れてごらんなさい」「信じない者でなく、信じる者になりなさい」と言われました。主に対し不敬、無礼極まりない発言をしたとしても、一人ひとりに謙遜に仕える態度で関わって下さったのがよみがえられえたイエスでした。頑ななトマスの心を開いたもの、それは主が私の心を知って下さっている、反抗的な自分の存在をも赦し、受け入れて下さることを、誰かを介してではなく自分の体験を通して知ったのです。「私の神、私の主」という信仰告白は、トマスが自分とイエスとの個人的な関わりにおいて復活のキリストを理解し得たから出た言葉です。


印刷用ページ 

ID : Pass :