アーカイブ | RSS |
メッセージ
メッセージ : 5月5日 メッセージ要約
投稿者 : Otsuka 投稿日時: 2019-05-17 11:33:14 (25 ヒット)
メッセージ

「聖霊によって」使徒行伝1章1〜11節
聖霊の存在、力が目に見える形で顕著にされたのはペンテコステの聖霊の注ぎ(降臨)の出来事ですが、聖霊は聖書の随所で直接、間接的に使徒たちを導き、励まされています。ルカによる福音書ではまずバプテスマのヨハネによる洗礼があり、聖霊が鳩のような姿でイエスに降りてくる記述があります。聖霊から力が与えられ、そこからイエスも力強く宣教を開始されます。バプテスマのヨハネは「この方は聖霊と火によってバプテスマを授ける」と語っていましたが、イエスは十字架と復活の後、40日にわたり弟子たちに姿を現され神の国について語られました。イエスは十字架の前に「私が去ることはあなたがたにとって益なのです」と(ヨハネ16:7)、父の約束である聖霊が注がれることも見すえて語られています。イエスの復活後、まだ主の使命を思い違いしている弟子たちにはイスラエルの再興について「あなたがたの知る限りではない」とし、ただ「聖霊を受けよ、あなたがたは力を受けて〜地の果てまで私の証人となる」と語られます。弟子たちが神の計画と御心を知るにはこれまで培ってきた宗教意識、先入観、偏見などの垣根を越えなければなりませんでした。彼らにとって異邦人の救いなどは思いもよらないことなのです。彼らがそこに留まる限り世界宣教など成し得なかったことでしょう。それら垣根を越えさせる力が聖霊なのです。迫害者サウロの回心(使9章)、パウロとバルナバの別れ(使15章)など、思いもよらない出来事であっても神の救いのご計画に用いられることがあるのです。聖霊によって力を受け励まされた弟子たちによって福音伝道が力強く進められる様が記される使徒行伝は、聖霊行伝とも呼ばれています。今の困難や苦しい状況にも、神は人の思いもよらない方法で働いてくださいます。私たちの思いや願いを越えて神はその御業を成して下さるのです。聖霊が私たちに信仰による勇気を与え導いてくださるのです。


印刷用ページ 

ID : Pass :