アーカイブ | RSS |
メッセージ
メッセージ : 11月14日 メッセージ要約
投稿者 : Otsuka 投稿日時: 2021-11-26 11:05:36 (6 ヒット)
メッセージ

「主は今に至るまで」サムエル記7章
主の箱がペリシテの手から取り返され国境近くに安置されてから、20年が経ちました。サムエルはイスラエルの民に呼びかけ、ミヅパに集め「主に立ち返れ、主にのみ仕えよ」と説教し、人々は断食して悔い改めました。大勢の群衆がひとつ所に集まるのはペリシテ人の目には脅威に映り、先制のため攻め上って来ました。それを聞いたイスラエルの人々は恐れ、サムエルに「敵の手から救って下さるよう、主に叫んで下さい」と訴えました。サムエルは全焼のいけにえをささげて主に助けを求めると、激しい雷鳴がとどろいたのでペリシテは混乱し、敗れて逃げました。契約の箱が奪われた時と違って「神の助け」があったのは何故でしょうか?冒頭でイスラエルの人々はサムエルの言葉に従って偶像を取り除き、「私は主に対して罪を犯しました」と悔い改め、一心に祈りました。そして民衆の総意として罪があがなわれるために小羊のいけにえがささげられました。そのためサムエルとイスラエルの祈りは神に受け入れられ、奪われた土地もおおかた取り戻し、二度とペリシテ人が国境を侵すことがないようにされました。サムエルは戦いの勝利の記念にミヅパとエシャナの間に石を置き「主は今に至るまで我々を助けてくださった」とそれを「エベネゼル(エベン・エゼル:助けの石)」と名付けました。契約の箱を奪われた時、イスラエル軍が陣をしいた場所もエベネゼルです。主はかつて困難だった時も、現在も、そしてこれからも助けて下さる方です。昔いまし、常にいまし、やがて来られる方、イエス・キリストへの信仰は古びることはなく、日々新たにされていくのです。


印刷用ページ 

ID : Pass :