アーカイブ | RSS |
メッセージ
メッセージ : 11月21日 メッセージ要約
投稿者 : Otsuka 投稿日時: 2021-12-17 11:00:43 (226 ヒット)
メッセージ

誰の声に聞き従う」サムエル記8章
当時のイスラエルは今日でいう国家ではありませんでした。政府もなければ首領もおらず、神ご自身が必要に応じて選んだ人物(モーセやヨシュア、ギデオンのように「士師」と呼ばれる人)が、信仰によって力と知恵と勇気を与えられ民を統率してきました。ギデオンは子孫にその役職を継ぐよう言われた時「主があなたがたを治めます」と世襲制を拒絶しました。賜物を与えることも取り去ることも神の権威であり、神の御心のままにされることです。祭司エリはそのことを堕落した息子達を通して痛いほど思い知らされました。サムエルは軍事や政治や宗教上の優れた指導者としてイスラエルの人々を治めました。しかし最高のリーダーであったサムエルも、父親としてはエリと同じ苦しみを味わうのです。2人の息子は偉大な父と同じ道を歩まず、不正を働き私利私欲に走りました。サムエルは年老いたがその息子たちは信頼できない、彼らとは別の後継者を、他の国々のように王を立ててほしいとイスラエルの長老たちは要求しました。サムエルは、王というのは「徴用し」「搾取し」「没収し」搾取し尽くすものだ、と忠告します。神は与えて下さる方だが、王はあなた方を奴隷とする、と。しかしイスラエルは神の支配・神に仕えることよりも、人である王に権威、権力を求めます。主は「民の声を聞き入れ、王を立てなさい」と言われました。サムエルにとっても理解しがたいことで、主は何ゆえ許されるのか?と思ったことでしょう。神が人の強情さに折れたのでしょうか?主は、人間が好ましくない選択をしたとしても、ご自身の計画の中でそれを許され、人に学ばせる機会を与える方です。イエスはピラトに捕らえられた時「真理から出た者は皆、私の声を聞く」と言われました(ヨハネ18:37)。神の国の王、まことの王であるイエスの声に聞き従う者になれるよう、祈りましょう。


印刷用ページ 

ID : Pass :