アーカイブ | RSS |
メッセージ
メッセージ : 2012年11月18日礼拝メッセージの要約
投稿者 : ryokos2004peter 投稿日時: 2012-11-23 18:37:59 (999 ヒット)
メッセージ

『与える者の幸い』


 


ザンビアで『孤児院』を建築し、現地の子供たちのために働く日本人女性の証を読み、その捧げ尽くしておられる姿に感動した。私は、どれだけ捧げる歩みをしているか、反省させられた。

パウロは、困難の中で、多くを捧げ続け、もう会う事の出来なくなるエペソ教会の長老たちにメッセージを残している。群れを見張る者として、み言葉が彼らを整え、み国を継がせる力を持っている事を語る。

 パウロは生活を通して、受けることより与える事の大切さ、幸いを示してきた。それは、十字架に至るまで、与え尽くして下さったキリストの教えそのものである。私たちは、ともすれば‘受けること’ばかり求めてしまう。しかし、誰かのために、祈りや愛の業や言葉…与えることが出来るのではないだろうか? それこそが主に喜ばれることではないだろうか?            


                             使徒20:2835


印刷用ページ 

ID : Pass :