2月26日 メッセージ要約

投稿日時 2017-03-10 12:07:21 | カテゴリ: メッセージ

「第2のしるし」ヨハネ4:43〜54
私たちは様々な条件・制限の中で生きています。神の性質を持たれるイエスはそれらを超えられるお方として第2のしるしが記されました。そしてこの箇所で鍵となる語は「信仰」です。故郷ガリラヤに戻られたイエスのもとに、死にそうな病の息子を助けに来てくださいと役人が願いにきました。彼は約30厠イ譴織ペナウムから駆け付けました。「主よ、どうぞ子どもが死なないうちに来て下さい」イエスに触れて祈っていただかなければ病気は治らない、だから急いで来てくれと頼む役人に「あなたがたはしるしを見なければ信じない」と、奇跡を見なければ納得しようとしない人々のうわべだけの信仰を嘆かれました。しるしは神から遣わされた者の証しであり、見世物ではないからです。しかし息子を思う父の心を深く憐み、「お帰りなさい、あなたの息子は助かる(生きる)」と役人に告げたのでした。役人はその言葉を信じ、また30劼瞭擦里蠅鯡瓩蠅泙靴拭2燭僚菽屬發気譴此∨榲に治るのだろうかと心の揺さぶりはあったことでしょう。しかしイエスの言葉通り息子は癒されていて、家族でイエスを主と信じたのでした。「しるしを見なければ信じない」と言われた役人は、イエスが死人をも生きかえらせる力があるとは知りませんでした。しかしイエスの言葉を信じた結果、神のしるしを目の当たりにしました。信仰も与えられ成長していくものです。私たちも歩み続けていく中で、信仰を揺さぶる出来事が起こります。しかし、すでに私たちの見えない所で働かれておられる主イエスが御業を現してくださることを期待し、主の言葉を握って歩んでまいりましょう。




淡路キリスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://ag-awaji.com

このニュース記事が掲載されているURL:
https://ag-awaji.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=277