11月3日 メッセージ要約

投稿日時 2019-11-13 09:24:21 | カテゴリ: メッセージ

『わたしの支えるしもべ』イザヤ42章1〜9節
「神が共におられた」「ダビデの道を歩んだ」などいくつかある信仰者の良き形容に中に「主のしもべ」があります。神の御心を行う者、救いのご計画を地上で実現するために遣わされた者のことです。イザヤ書に頻出の「主のしもべ」ですが、誰が「主のしもべ」なのでしょうか。考えられるのが.瓮轡↓⇒存声圻Aばれた者ぅぅ好薀┘襪任后キリストについての預言もあれば、弱さを覚える主を信じ仕える者に対する慰めと励ましがあるからです。「主のしもべ」の特徴は/世忙戮┐蕕譴討い覘⊃世亡遒个譴觴圓任△覘神に選ばれた者であるた世慮耄遒覆訐士遒鬚い燭世い討い襪海箸分かります。「主のしもべ」の働きは々顱垢紡个係義をもたらす▲ぅ┘后Εリストによる新しい契約を伝える0柬人に対し神を畏れる道を教え、いのちの光の希望を伝えるさ圓欧蕕譴深圓紡个靴動徹任了拉曚らの解放を告げることです。広範で力強い働きが期待されますが「主のしもべ」はその働きを戦車のように怒涛の如く推し進めるようなものではなく、痛みを抱える人の魂に配慮し、消えかかった神の律法を再び燃え立たせるように御言葉を回復する使命を果たすのです。また抵抗や迫害があってもその働きを止めることはせず、衰えず、落胆せず、ついに道を確立するのです。神を信じる私たちも主のしもべといえますが、弱さと愚かさを持つ身です。如何にくじけずにその使命をなしとげることが出来るでしょうか。それは自分で選んだ働きではなく、神が私を選び、神の霊を注いで任命されたことを知ることです。神の守りと支えを信じること(:1)、聖霊に委ねること(:5)、正義を行われる神が全てを成して下さる(:6)と期待し、信仰の生涯を歩んでまいりましょう




淡路キリスト教会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
https://ag-awaji.com

このニュース記事が掲載されているURL:
https://ag-awaji.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=416