アーカイブ | RSS |
投稿者 : admin_miyakojima 投稿日時: 2010-06-27 23:39:42 (978 ヒット)
メッセージ

コロサイの町は大きな町ではなく、教会もまた小さな群れであったが、キリストへの信仰と‘望みに基づく’愛を持ち続けていた。パウロは、彼らのその姿勢を知って感謝している。
しかし当時、イエス様が神と人との中間で、神性を否定するような誤った教えや天使礼拝など異端的な習慣を持ちこむ者もあった。パウロは、改めてイエス様が天地創造の時から、神として働いておられたこと、あがないの業を成し遂げられた教会のかしらである、と語る。
私たちの周りにも様々な教えや異端、占いなどが氾濫している。私たちは、それらのものに振りまわされず、十字架の血によってあがなって下さった教会のかしらである主に、しっかりと結び合されて、従ってまいりましょう。
コロサイ1:15〜20


投稿者 : admin_miyakojima 投稿日時: 2010-06-20 23:37:07 (888 ヒット)
メッセージ

この部分は、63章から始まった祈りにたいする答えであり、イザヤ書の結びでもある。人がさまざまな事で思い悩み、祈り求めに対し、主は、『私のものだ』とそのみ言葉によって天と地を創り、治めておられるその偉大さを思い起こさせられる。
私たちは、建築に向かっていろいろと思い、み心と思って突き進んでいる。しかし、実際には、問題もある。ソロモン王が‘いと高き天もあなたをいれることはできません。わたしの建てたこの家などなおさらです。’とへりくだって祈ったように、
祈らなければならない時ではないだろうか。ましてや様々ないらだちで、罪を犯し、捧げようとしている神の宮をけがしてはならない。
今こそ、主の前にへりくだって近づいて祈ろうではありませんか。 イザヤ66:1〜11


« 1 ... 73 74 75 (76)
ID : Pass :