アーカイブ | RSS |
メッセージ
メッセージ : 11月8日 メッセージ要約
投稿者 : Otsuka 投稿日時: 2020-11-19 15:01:38 (12 ヒット)
メッセージ

「ヨルダン川を渡る」 ヨシュア記3章
神はヨルダン川を渡ってカナンへ入れと言われましたが、その時季は川の水量が多く勢いもあり、人が歩いて渡ることなどとても危険なことでした。無謀としか思えない行為ですが、ここで改めて主はヨシュアを励まされます。「イスラエルの前にあなたを尊い者(大いなる者)とするであろう」ヨシュアにモーセと同じような神の賜物と選びがあることを全イスラエルに知らしめ、ヨシュアを指導者として育成するためであると言います。そしてヨルダン川を渡ることは(紅海の奇蹟を体験していない世代の)民衆が信仰を働かせる機会とし、神の奇蹟によってこの難関を突破して信仰豊かな者とされるのです。契約の箱をかつぐ祭司たちの足が川に入った瞬間、流れがせき止められる様子をイスラエルの民たちは目の当たりにし、神の奇蹟の証人となりました。この出来事は、主がカナンの地に住む7つの民を「必ず追い払われる」ことのしるし(保証)となりました。ヨシュアに率いられたイスラエルはヨルダン川を渡る中で神の奇蹟を経験し、信仰の課題を一つ克服するのです。今、私たちにとってヨルダン川(信仰の課題)は何でしょうか。私たちの生涯の中で何度も乗り越えていくべき信仰の課題、壁(困難や問題)が現れます。イスラエルは課題を乗り越えるために必要な荒野の40年がありました。主はキリストによって約束された祝福を必ず与える確証として、聖霊を下さいました。私たちが信仰の課題に向き合い乗り越えていくために必要な勇気を聖霊様がお与えください、と祈ろうではありませんか。


印刷用ページ 

ID : Pass :